初心者OK!こどもプログラミング入門(Scratch)

子ども向けプログラミング学習の定番「Scratch」の使い方。我が子(小学1年)の初挑戦記録付き。

Scratchにつなげる「いぬボード」が7月末に発売の模様

 

f:id:shufufu:20170721194518j:plain

Scratchにつないで遊べるというセンサーボード「いぬボード」なるものが、7月末に発売になるとのニュースを発見。気になりすぎるアイテムです。

ユルキャラ風な見た目がハマる「いぬボード」

プログラムで制御することで、動くものを作ることができるという「いぬボード」は、Scratchで動かせるとのこと。

詳しくはわからないものの、目が光る犬が作れるキットもあるそうで。

 

ピカーン!

f:id:shufufu:20170721194717j:plain

これはなかなか楽しそう!! 子どもも喜びそうな気がします。

 

発売は7月31日の予定で、以下の3種類が出るとのこと。

  • いぬボード:基板単体(販売価格:1,700円前後(予定))
  • いぬボードキット:いぬボード、USBケーブル、ステレオケーブル2本のセット(販売価格:2,000円前後(予定))
  • いぬボードをはじめようキット:ワンだふぉーのような、目が光るロボットを作るために必要な部材が揃ったキット(販売価格2,300円前後(予定))

公式サイトはコチラです(Scratchにつないで遊べるセンサーボード「いぬボード」を開発しました。 – switch education

 

ちなみに「ワンだふぉー」というのは、NHKのプログラミング番組に登場した、眼が光る犬だそうです。それを作るための材料を、自分で集めなくてもまとめて手に入るというわけですね。

全部揃うらしい「いぬボードをはじめよう」キットで2300円なら、なかなかお手頃。かなり気になるニュースでした。

それにしてもプログラミング、小学校での必修化を受けているだけあって、イロイロ出てきますね。

Copyright © 2016 初心者OK!こどもプログラミング All rights reserved.